• HOME
  • > 転職コラム
  • > 2016年の抱負について

転職コラム

2016年の抱負について

あけましておめでとうございます。2016年もよろしくお願い申し上げます。

今月は、この2016年の抱負についてのお話なのですが、
2016年4月になりますと、弊社も設立して8年目を迎えます。

設立してからの7年間は、既存のルールに従って真っすぐに
人材業に取り組んで参りましたので、8年目となる2016年は、

 

  「まだ誰もやっていないサービス」

  「こんなサービスが有ったら良いなと思えるサービス」

 

について

「とにかく、まずはスタートしてみる」
という感覚とスピード感で
リリースに繋げて参りたいと考えております。

以前、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのセサミストリートの
アトラクションを利用した際、看板キャラクターのELMO(エルモ)が、

「一番大切なものは、想像力、イマジネーション」 「想像するんだよ!」


と、頻りに話をしていたことが強く印象に残っています。

人材業界にも、想像する、創造するという意識を強く持てば
まだまだ新しい何かを生み出せる環境・土壌があると思っています。

2016年を迎えて

人材業界のこの15年間は、ネット化から、スマホシフトまで早いスピード感で
変化を遂げて参りましたが、まだまだアナログ的な要素が大切な業界でもあります。

また、人材業界の事業モデルとしては、
企業様から紹介料をいただき、転職希望者からお金を頂く事がないモデルと
なっているため、各社、企業様側へのサービスの意識や充実に矛先が向きがちですが
「人材紹介業界が抱える課題について」参照)、弊社では、転職をお考えの皆様にも
お役にたてる・喜んで頂けるようなサービスを打ち出して参りたいと考えております。

そして、弊社のホームページについても、
もう少しいろいろな情報発信が出来るサイトにもしたいと思っています。

2015年末、
「仕事以外の人生も、より楽しく充実させて生きる」というメッセージ発信の
一環と致しまして、「職×食」という食べ歩きレビューサイトを制作しました。
「職×食」は純粋な趣味サイトとなっているのですが、2016年は本分である
人材サービスにおける新しい転職支援もお示しさせて頂きたいと思っております。

 

                              代表  松田 匡司

転職活動支援サービス「キャリアセカンドオピニオン」

転職コラム

ベンチャーズ
プラットフォーム
株式会社代表によるコラムです。
2016/04/01
経験値を体系化してまとめてみるという試み
2016/02/01
転職のミスマッチ・ミスジャッジを削減したい
2016/01/01
想像する 創造する という感性への取り組み
2015/12/01
「文化・カルチャー」という視点への意識
2015/11/01
求められているサービスの本質と、その現実
2015/10/01
選択肢が多いことが逆に迷いに繋がってしまう
2015/07/01
10年間身を置いていると市況も大きく変わる
2015/04/01
数多くいる人材紹介エージェントに対して、 どのような視点を持って選別すべきか?

職 × 食

「職」の価値観が近ければ「食」の価値観も共有できるかも?「楽しむ」を形にした趣味発信サイト。