• HOME
  • > 転職コラム
  • > 女性の転職希望者からよく頂く相談内容

転職コラム

女性の転職希望者からよく頂く相談内容

日々、多くの転職希望者とお話をさせて頂く中で、

女性の転職希望者の方からよく質問を頂き、お答えをしている話題の一つで



 「女性は男性よりも「選択肢が多い」ため、
  それが時に、人生やキャリアの選択の迷う要因となることがあります。」

 

というお話について記載したいと思います。

 

三つのステージと役割

学生時代を経て、社会人になって数年を経ると、ライフイベントなども加わってきて、
男性・女性共に、それぞれ大きく三つのステージや役割を求められるようになります。


「男性」 ・・・ 「①ビジネスパーソンとして」 「②夫として」 「③父として」

「女性」 ・・・ 「①ビジネスパーソンとして」 「②妻として」 「③母として」

男性

男性の場合は、「主夫」という概念があまり日本には定着をしていないため
「①ビジネスパーソンとして」を主軸に、「成果・実績・収入」に繋げた上で

    「②夫として」「③父として」の両立を図らなければ

「女性(妻子)からの支持や幸せの声」を得られないリスクや現実がございます。

そのため、男は大方「①ビジネスパーソン」を主軸に置かざるを得ない環境なのです。

女性

これに対し女性の場合は、男性と違い、

    「①ビジネスパーソン(キャリアウーマン)として」 の人生を全うする。

という選択をすることもできますし、

「②ビジネスパーソン」という切り口は目指さず、家庭に入り(またはライトな仕事を兼務して)

 

    「②妻として」、「③母として」 “夫や子供を支える” 。

 

という選択をすることにも社会的認知がございます。


そのため、社会人経験3年以上を経た女性にとって、



 「〝三つのステージの中で、どの選択を主軸に置くことがご自身にとって

         幸せなのか?自分らしい生き方なのか?“ というイメージや本音を

   早い段階で明確化し、情報を得たり、行動に移すことが、

   人生における無駄をなくし充実度を高めることに繋がりますよ。」

 

というお話を常々申し上げています。

 

当然、「②妻として」、「③母として」というステージを主軸に行動することを

早い段階で決めたとしても、お相手の意向もあることなので、

「縁・運・タイミング・相性」に大きな影響を受ける世界ではありますが、

 

   「やりたいことをやりながら生きる 生き方」

 

    「なりたい自分になっている 自分」

 

を、早い段階で明確化していくことによって、

入ってくる情報の「取捨選択基準」が明確化していきます。

 

逆に、軸がブレている状態で多くの情報を得ても、右往左往しているうちに

結果として決断のタイミングを逸するおそれもあります。

 

そのため、是非、

 

 「男性」 ・・・ 「①ビジネスパーソンとして」 「②夫として」 「③父として」


 「女性」 ・・・ 「①ビジネスパーソンとして」 「②妻として」 「③母として」

 

この3つのステージが存在することを認識して頂いた上で、

どのステージを主軸に置くことがご自身の人生にとって心地が良いのか?

そして、本音に近いのか? 一度ライトに考えられてみてください。

 

                              代表  松田 匡司

転職活動支援サービス「キャリアセカンドオピニオン」

転職コラム

ベンチャーズ
プラットフォーム
株式会社代表によるコラムです。
2016/04/01
経験値を体系化してまとめてみるという試み
2016/02/01
転職のミスマッチ・ミスジャッジを削減したい
2016/01/01
想像する 創造する という感性への取り組み
2015/12/01
「文化・カルチャー」という視点への意識
2015/11/01
求められているサービスの本質と、その現実
2015/10/01
選択肢が多いことが逆に迷いに繋がってしまう
2015/07/01
10年間身を置いていると市況も大きく変わる
2015/04/01
数多くいる人材紹介エージェントに対して、 どのような視点を持って選別すべきか?

職 × 食

「職」の価値観が近ければ「食」の価値観も共有できるかも?「楽しむ」を形にした趣味発信サイト。